副作用の少ないがん治療|初期のうちに癌は眠らせよう|定期検診を忘れずに

初期のうちに癌は眠らせよう|定期検診を忘れずに

医者

副作用の少ないがん治療

病院

免疫を活性化する方法

生まれつき体に備わっている自然治癒力を活性化させ、さまざまな病気を治療しようとするのが免疫療法です。有効な治療方法が少ない末期がんなどには、免疫療法の効果が特に期待されています。広い意味ではサプリメントの摂取や、鍼灸治療なども免疫療法の一種と言うことができます。また笑うと免疫力が活性化するという報告があり、心理的な側面からも免疫療法の研究が行なわれています。ただしこれらの方法には即効性はなく、末期がんの治療には間に合わないことが多いので注意が必要です。予防や再発防止のために活用するなら、一定の意味があると考えられます。最近では免疫のメカニズムが解明され、各種のワクチンや抗体を使った免疫療法も開発されています。

自分自身の細胞を使用

がんの免疫療法にも多くの種類があり、それぞれに新しい変法の研究が進められています。がん細胞だけを特異的に攻撃させる方法としては、樹状細胞ワクチン療法などが挙げられます。これは患者の免疫細胞を取り出し、がん細胞の目印を書き込んで、再び体内へ戻す方法です。また免疫力全体を底上げする方法には、活性化リンパ球療法などがあります。この方法では患者自身のリンパ球を培養し、攻撃力を高めて体内へ戻します。免疫療法では自分自身の細胞を使うため、抗がん剤と比べて副作用が少ないという特徴があります。どのようながんにでも適用できるわけではありませんが、手術など他の治療法と組み合わせ、回復率を高めるために利用されています。